パルシネマしんこうえん

  • 上映スケジュール
  • 料金について
  • 当館の楽しみ方
    • かわら版
    • お客様の声
  • 作品の紹介
    • 過去の上映作品
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ツイッター

作品紹介

嘘八百

『百円の恋』の武正晴監督と脚本家の足立紳が再び組み、商人の街堺を舞台に描くコメディードラマ。うだつの上がらない古物商と陶芸家を中心に、“幻の利休の茶器”をめぐるだまし合いのバトルをユーモアたっぷりに描き出す。『花戦さ』でも共演している、中井貴一と佐々木蔵之介が出演。海千山千の人々が繰り広げる、だましだまされの応酬に笑みがこぼれる。

嘘八百
(C) 2018「嘘八百」製作委員会
監督・脚本 武正晴
出演 中井貴一/佐々木蔵之介/友近/森川葵/前野朋哉/堀内敬子/坂田利夫
制作年・国 2018年/日本
上映期間 6/20(水)~7/1(日)
公式HP 公式HPはこちら

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生

『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』のマルク・ローテムントが監督を務めた、実話に基づく感動作。先天性の病で視力をほとんど失った青年がその事実を隠し、5つ星ホテルで働く夢をかなえようと奮闘する姿を描く。『ガーディアン』などのコスティア・ウルマンが、特注のコンタクトレンズと訓練用ゴーグルを使って主人公を演じ、彼の研修仲間を『シャトーブリアンからの手紙』などのヤコブ・マッチェンツが好演。

5パーセントの奇跡
(C) ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH
監督・脚本 マルク・ローテムント
出演 コスティア・ウルマン/ヤコブ・マッチェンツ/アンナ・マリア・ミューエ/ヨハン・フォン・ビューロー/アレクサンダー・ヘルト
制作年・国 2017年/ドイツ/Mein Blind Date mit dem Leben
上映期間 6/20(水)~7/1(日)
公式HP 公式HPはこちら

はじめてのおもてなし

『デッド・フレンド・リクエスト』などのサイモン・ヴァーホーヴェンがメガホンを取ったコメディー。難民の青年を家族の一員として迎え入れようとした一家が、さまざまな騒動を経て再生していくさまが描かれる。『ナポリと女と泥棒たち』などのセンタ・バーガー、『パラダイス』などのハイナー・ラウターバッハ、『ヴィンセントは海へ行きたい』などのフロリアン・ダーヴィト・フィッツらが出演。

はじめてのおもてなし
(C) 2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES FILM GMBH
監督・脚本 サイモン・バーホーベン
出演 センタ・バーガー/ハイナー・ラウターバッハ/フロリアン・ダービト・フィッツ/パリーナ・ロジンスキ/エリアス・ムバレク
制作年・国 2016年/ドイツ/Willkommen bei den Hartmanns
上映期間 7/2(月)~7/12(木)
公式HP 公式HPはこちら

希望のかなた

フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキが監督と脚本を担当した、『ル・アーヴルの靴みがき』に続く難民3部作の第2弾となる人間ドラマ。生き別れた妹を捜すシリア人青年がレストランオーナーたちと知り合い、絆を育んでいく様子を描く。主人公を演じたのはシリア人俳優のシェルワン・ハジ。カウリスマキ監督作『白い花びら』などのサカリ・クオスマネン、同じくカウリスマキ監督作『街のあかり』などのイルッカ・コイヴラらが共演している。

希望のかなた
(C)SPUTNIC OY, 2017
監督・脚本 アキ・カウリスマキ
出演 シェルワン・ハジ/サカリ・クオスマネン/イルッカ・コイブラ/ヤンネ・ヒューティライネン/ヌップ・コイブ
制作年・国 2017年/フィンランド/Toivon tuolla puolen
上映期間 7/2(月)~7/12(木)
公式HP 公式HPはこちら

スリー・ビルボード

娘を殺害された母親が警察を批判する看板を設置したことから、予期せぬ事件が起こるクライムサスペンス。本作はベネチア国際映画祭で脚本賞、トロント国際映画祭で観客賞に輝いた。娘を失った母をオスカー女優のフランシス・マクドーマンドが演じ、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、『コンフェッション』などのサム・ロックウェルらが共演。ウディやサムも出演した『セブン・サイコパス』などのマーティン・マクドナーがメガホンを取る。

スリー・ビルボード
(C) 2017 Twentieth Century Fox
監督・脚本 マーティン・マクドナー
出演 フランシス・マクドーマンド/ウッディ・ハレルソン/サム・ロックウェル/アビー・コーニッシュ/ジョン・ホークス
制作年・国 2017年/イギリス/Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
上映期間 7/13(金)~7/24(火)
公式HP 公式HPはこちら

15時17分、パリ行き

クリント・イーストウッド監督が、2015年8月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化。列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描く。事件の当事者であるアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーンを主演俳優に起用し、当時列車に居合わせた乗客も出演。撮影も実際に事件が起きた場所で行われた。

15時17分、パリ行き
(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
監督・脚本 クリント・イーストウッド
出演 アンソニー・サドラー/アレク・スカラトス/スペンサー・ストーン/ジェナ・フィッシャー/ジュディ・グリア
制作年・国 2018年/アメリカ/The 15:17 to Paris
上映期間 7/13(金)~7/24(火)
公式HP 公式HPはこちら

婚約者の友人

第1次世界大戦後のドイツを舞台に、戦死した青年の友人を名乗る男性と、残された婚約者や遺族の交流を描く人間ドラマ。エルンスト・ルビッチ監督作『私の殺した男』の基になった戯曲を、フランソワ・オゾン監督がアレンジ。『イヴ・サンローラン』などのピエール・ニネが、婚約者の友人を演じる。ヒロインにオーディションで選ばれたパウラ・ベーアがふんし、第73回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

婚約者の友人
(C)2015 MANDARIN PRODUCTION–X FILME–MARS FILMS–FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU
監督・脚本 フランソワ・オゾン
出演 ピエール・ニネ/パウラ・ベーア/エルンスト・ストッツナー/アントン・フォン・ルケ/マリー・グルーバー
制作年・国 2016年/フランス・ドイツ合作/Frantz
上映期間 7/25(水)~8/3(金)
公式HP 公式HPはこちら

ルイの9番目の人生

リズ・ジェンセンのベストセラー小説を映画化し、9年間で9度死にかけた少年の秘密を描くサスペンス。原作の映画化を切に願っていた故アンソニー・ミンゲラ監督の息子マックス・ミンゲラがプロデュースと脚本を務め、『ホーンズ 容疑者と告白の角』などのアレクサンドル・アジャがメガホンを取った。謎めいた少年をカナダの新星エイデン・ロングワースが演じるほか、ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポールらが脇を固める。

ルイの9番目の人生
(C) 2015 Drax (Canada) Productions Inc. / Drax Films UK Limited.
監督・脚本 アレクサンドル・アジャ
出演 ジェイミー・ドーナン/サラ・ガドン/エイダン・ロングワース/オリバー・プラット/モリー・パーカー
制作年・国 2015年/イギリス・カナダ合作/The 9th Life of Louis Drax
上映期間 7/25(水)~8/3(金)
公式HP 公式HPはこちら

Copyright© パルシネマしんこうえんAll Rights Reserved.